ライナースケジュール

2022年 社長年始挨拶 

商船三井ドライバルクの皆さん、あけましておめでとうございます、新年に当たりひと言挨拶をさせて頂きます。

皆さんにおかれてはご家族と、友人と年末年始をゆっくりと過ごされたかと思います、私も家族と過ごしリフレッシュして今日を迎えています。

今年はご存知の通り寅年ですが、干支で言うと「壬寅(みずのえとら)」となります。厳しい冬を超えて新しく生まれるものが成長する年でもある様です、昨年生まれた商船三井ドライバルクが大きく飛躍する一年としてふさわしい年ではないでしょうか。
その商船三井ドライバルクは昨年の海上物流の混乱やボラタイルなマーケットなどの事業環境の変化にうまく対応できました、「強くしなやかな」組織への手応えを感じています。更に我々の強みを強化していきましょう。また今年は本統合を4月に控えています、新会計システムも導入されます。本統合を円滑に進めると共に、この新会計システムを最大限活用してコーポレート部門・営業部門ともに業務の効率化を図って下さい。

昨年は供給制限による各種コモディティや海運マーケットの高騰などがありましたがコロナの終息もいまだ見通せず、そのコロナの影響により起こった海上物流の混乱は今年も続くことが予想され引き続きマーケットもボラタイルな状態が予測されます。海運マーケットにボラティリティは付き物で避けることは出来ません、ボラティリティは機会と捉え果敢に向き合い智恵を絞り利益につなげて行きましょう。

次に環境問題です、当社として昨年環境対応へ向けて布石を打ちました、風力推進、水素エンジン、バイオフューエル等です。今年はさらに踏み込んで環境対応を進めたいと思います。
我々の顧客も自社のGHG排出削減に加えSCOPE3の輸送分野でのGHG削減が求められる時代がもうすぐやってきます。その時に迅速に対応すべく出来る準備は全て行いましょう。

組織の形がどの様に変わろうとも変わってはならないのが「安全」です。不定期、チップ、近海とバックグラウンドの違う組織が一緒になった会社ですがお互いの安全へのベストプラクティスを持ち寄り更に安全のスタンダードを高めていきたいと思います。

最後になりますが今年は新生商船三井ドライバルクの真価が試される年でもあります、さきほど述べた通り我々の強みを強化し生産性を上げて「強くしなやかな」ドライバルクのプロフェッショナル集団として皆さんと一緒に更に飛躍して行きたいと思います。今年一年の皆さんの健康とご多幸、本船の安全運航を祈念して私の挨拶の結びとさせて頂きます。

                                      

【本件に関するお問い合わせ先】

商船三井ドライバルク株式会社
CSR・広報統括チーム Mail : dbccc@molgroup.com