ライナースケジュール

ASEAN域内 多目的船サービス強化 域内専用船投入について 

商船三井ドライバルクでは成長するASEAN域内物流にいち早く対応するため、2014年よりASEAN域内輸送サービスをご提供しております。これまでは主として日本・アジア折り返し基幹サービスのスペースを利用したものでしたが、更に強化すべく2022年3月よりASEAN域内トレードの専用船として、12,000DWT型ツインデッカーを1隻投入致します。

ASEAN域内の物流は産業構造の変化も相まって、サービス開始当初から輸送需要が2倍に成長し、輸送ロットも徐々に大型化してきております。更なるニーズに対応できるよう順次専用船サービスの拡大も検討しております。

今後も当該サービスを通じてお客様の多種多様な輸送にきめ細やかにお応え出来るサービスを目指してまいります。

ASEAN域内専用船 概要

船型 クレーン付き多目的船(ツインデッカー)
載荷重量トン 12,167.6トン
全長 116.99メートル
全幅 19.6 メートル
深さ 14.0 メートル
クレーン能力 30.7トン x 2(コンバイン60トン)

【本件に関するお問い合わせ先】
商船三井ドライバルク株式会社
CSR・広報統括チーム Mail : dbccc@molgroup.com